スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あみコレテーマ作品コンテストの結果発表がありました!

新しい年になり、どんどん日が過ぎて、もう1月も終わろうとしています!
年末年始、なかなかブログを書く時間が取れなくて、新年早々スポンサーサイトを出してしまいました。
相変わらずな私ですが…、お正月気分はとうに消え去ってしまいましたが…、今年もどうそよろしくお願いいたします。

さて、年明け早々、あみぐるみ関係で、とってもとっても嬉しいことがありました。
本当に、私にとっての大・大・大ハッピーニュース!!!なのですが、昨年末から東京・下北沢→大阪・天満の2か所を巡って開催されていた「あみぐるみコレクションVol.16」のテーマ作品コンテストの結果が発表され、第3位に入賞することができたのです!

「おいしいもん」が今回のテーマだったのですが、食いしん坊なので、おいしいもん…と聞いて、いろいろなものが頭に浮かんできて困りました。が、テーマの発表があったその日、とってもかにが食べたかったので、私の作った作品はこちら↓

DSC_0480.jpg

じゃーん。「今夜はかに鍋!」です。

かに…最初はもっとデフォルメしたかにを編むつもりだったのが、なにを血迷ったのかどんどんリアルさを追求し始めてしまい、海の図鑑を調べたり、ネットの画像を検索したり、かに鍋の写真が載っているスーパーやデパートのチラシまで食い入るように見たりして、苦心惨憺、編みあげました。特にハサミと足の関節の部分、何度も試行錯誤して、ちょっとずつ曲がるようにしたのですが、もう一度編もうとしても同じようにできるかどうか…

また、テーマ作品は13cm×13cm×13cmのボックスの中に入らなければならないので、はじめはかにの迫力を出そうとして太めの糸で編んでいたのですが、サイズがオーバーしてしまって、少し細い糸に変えて編みなおしたりもしました。
いろいろ制作時の思い出が詰まった作品ですが、鍋の具材など、いろいろ作っていてとても楽しかったし、あみコレ3回目の参加で、とうとう入賞することができて、それも3位だなんて! 本当に本当に感激しています。

なにより嬉しかったのは、ネットから投票してくださった皆さんから、とても暖かい、素敵なコメントをたくさんいただいたことです。コメントは、得票数とともに年末にメールで送っていただいたのですが、いまも文面を読み返してはとても励まされ、元気づけられています。
これからあみぐるみを作り続けていくためのエネルギーを与えてくれる宝物をいただきました。
多かったのは「テーマに忠実、ストレートに取り組んでいる」と姿勢をほめてくださったコメント、「美味しそう、かに鍋が食べたくなった」と書いてくださったコメント、そしてかにのリアルな表現をほめてくださって、さらには、このかにを「可愛い」と書いてくださった方もいて、どれほど感激したか、感謝の気持ちは言い尽くせません。
選評でも、鍋を「このまま火にかけたいくらい」と評してくださっていて、嬉しくて、もう、鍋の中にいっしょに入ってぐつぐつ煮えてる気分です。

DSC_0479.jpg

この第3位の賞品として、「わんぱくデニス」という、大きめの作品を編むときによく使っているとても好きな毛糸や、ダブルフックのアフガン針、リリアンの道具などをいただきました。アフガン編みはほとんどやったことがなく、ダブルフックのアフガン針は使ったことがありませんが、この機会にちょっと挑戦してみようと思っています。

テーマ作品コンテスト結果発表のページはコチラ→※
私が日ごろからブログを拝見したりして、素敵だなあと思っている作家さんが多数入賞されています。
やはり、入賞の常連の作家さんは、一目見てその作家さんが作ったとわかるようなオリジナルなキャラクター性のある作品を作られていて、本当に尊敬します。

私のかに鍋を見て、私の作品ってわかった人はいないのでは…ないかな…
私も確かな個性の感じられる作品が作れる作家になるのを目標に、これからも頑張りたいです。


さて、話題を変えて、ここからは近況報告です。
この前の日曜日には、少しですが編みあがった作品を持ってプチボヌールに納品に行ってきました。
(そのあと、カントリーキルトマーケットで前売り券をゲットできて、東京ドームで開催中の「東京キルトフェスティバル」に行き、今回もまた大感激したのですが、それはさておき…)

前回、納品に行ったとき、お店の方と話していて、「新しい作品、何を編んだらいいか悩むときがある…」というようなことを話したら、『プラテーロとわたし』という一冊の本を薦めてくださって、「ロバを編んでみては…?」と提案してくださいました。

こちら↓がプチボヌールのお店の方に薦めていただいた本です。

DSC_0465.jpg

作者はスペインの詩人で、100年も前に書かれた本ですが、帯の江國香織さんの推薦文にも「これはたぶん、私の知る限りもっとも美しい書物です」とあるとおり、とても美しい言葉で書かれた心癒される素敵な一冊でした。
「プラテーロ」は、この本に登場するロバの名前です。
本を読んで、猛然とロバを編みたくなった私は、ずっとこの「プラテーロ」のことをイメージしながら編みました。
そして出来上がった作品はこちら…

DSC_0409.jpg

プラテーロは「小さくて、ふんわりとした綿毛のロバ」、「瞳のきらめきは、かたい黒水晶のカブト虫のよう」、「はがねづくりのような、お月さまの銀の色をしている」のですが、100パーセントぴったりくる糸は見つけられず、モヘアの糸を使ってふんわり編みました。
この作品、なんだかとっても幸せな気持ちで編むことができたので、嬉しくなり、本の表紙の挿絵のロバは薄茶色だったので、こちらの色でも編んでみました。

プチボヌールさんには、このほか、ピンクの鳥、オカメインコ、モモンガも納品しました。

DSC_0422.jpg

↓モモンガは、TVで動物の出てくるバラエティ番組を観ていたら、とっても小さなモモンガが手足をぎゅう~んと伸ばして木から木にヒョーーィと飛び移る姿が映り、画面に目が釘づけになってしまい、すぐにも編んでみたい気持ちが湧き上がってきた生まれた作品です。頭でっかちでアンバランスですが、とってもお気に入りの作品が出来ました。

DSC_0416.jpg

     

それから、もう一つ、こちら↓は、マカロンポーチ作りにはまっている長女が作ったあみぐるみマカロンです!
以前から「あみぐるみでマカロンを作りたい!」と言っていた私に、長女も「早く作ってよ!」とすすめてくれていたのですが、なかなか手がまわらない私に代わって、「試作品」と称してを作ってくれました。
プラスティック包みボタンをコットンの糸であみぐるんで、くまのお顔に仕立てています。
う~ん、なかなかの出来栄え!
娘に触発されて、他の動物バージョンも作ってみたくなっています。

DSC_0460.jpg

久々の更新で、とりとめのないブログになってしました。
今年もあみぐるみをはじめ、好きな手芸を楽しく続けていけたら幸せ…
ブログもマイペースすぎ、更新遅すぎ…、書くと長すぎ…ですが、どうか広い心でお付き合いくださいね

スポンサーサイト
プロフィール

a☆mimo

Author:a☆mimo
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。